忍者ブログ
  • 2019.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/08/22 18:03 】 |
腸管吻合

 長男一郎は桜子と、二男二郎は桃子と、長女葉子は丙山昭雄とそれぞれ結婚して、いずれも川崎市内に居住していた。

ジョンマスター シャンプー  / キッズ 傘 透明 / ウフドゥー ルームウェア 

 (ア) 松本医師の証言によれば,控訴人が高知医大病院に入院した当初は,膿瘍腔の炎症があり,疼痛もあったことから,家族による介護が必要ではあったが,痛みが止まり,熱も下がって,普通に歩くことのできる状態になった以後は,家族による介護が絶対的に必要であったとはいえないこと(証人調書25頁),本件のような低位前方切除,腸管吻合及び一時的人工肛門造設などの手術の際,医学上,家族による介護につき,手術後であればその必要が認められるが,その場合でも,通常で1週間程度,術後合併症が生じたときであっても,2,3週間程度の付添いで足りること(同21頁),高知医大病院は,いわゆる基準看護の条件を満たした病院であること(同19頁)が認められる。また,控訴人は,高知医大病院に転院・入院した1週間後である平成14年6月17日時点で,発熱もなく,腹部痛が自制内で,日中はトイレに歩いていくことが可能となっていたこと(甲24の9頁)からすると,高知医大病院入院中の家族による介護が必要であった期間は,少なくとも高知医大病院に入院した当初の6日間及び低位前方切除,腸管吻合及び一時的人工肛門造設の手術後の21日間の合計27日間と認めるのが相当である。

逮捕 弁護士 相談 / クレイツ コテ  / トリーバーチ  ブーツ  / ブルガリ オム 香水

   ウ 他方,被告Y1は,本件事故当日の平成15年10月12日午後7時35分から午後8時5分まで本件事故現場で行われた実況見分において,警察官に対し,本件事故による衝突地点等を指示説明しているところ(乙4),そこでは,衝突直前に道路右側のコンビニエンスストアに脇見したこと,危険を感じると同時に追突したこと,追突地点から原告車両が停止するまでの距離は0.4メートルであり,追突地点から被告車両が停止するまでの距離は0.5メートルであることを説明しており,約3メートル押し出されたとの原告の供述とは異なる状況を述べている(なお,被告Y1は,本人尋問の際にも,3メートルというのは事実ではないと述べている。)。また,原告車両が追突を受けた地点については,信号待ちの先頭車両であったとの原告の供述とは異なり,道路標示や電柱の位置関係から見て,明らかにそれよりも数メートルは後方の地点とされている。なお,この実況見分の内容について,被告Y1は,記憶のとおり説明したと本人尋問の際に供述している(被告Y1本人)。

債務整理 無料相談  / スカルプD ボーテ  / エジソン 箸 大人

 よって、原告の請求は、主文掲記の限度で理由があるからこれを認容し、その余は理由がないからこれを棄却することとし、主文のとおり判決する。


PR
【2012/12/11 02:56 】 | 未選択
| ホーム | 次ページ>>