忍者ブログ
  • 2019.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/10/20 18:55 】 |
交通事故
交通事故において、車検の切れている車を運転し対人交通事故を起こし、任意保険にも未加入の場合、被害者の治療費などはどうするか、ということを聞かれることがあります。この場合、政府の補償事業という制度があります。これは無保険車によって交通事故に遭い、加害者側から怪我の治療費などの損害の賠償を受けられないような場合のための制度です。支払の限度額は自賠責保険と同じですが、次のような違いがあります。まず、賠償の請求をできる主体は被害者のみです。加害者から請求することはできませんのでご注意ください。そして、政府が被害者に支払った金額は政府が加害者に請求します。ただし、健康保険や労災保険などの社会保険による給付がある場合には、その支払われた金額は差し引いて政府から被害者に支払われます。 また、被害者にも交通事故において過失がある場合には、それぞれの過失割合に応じて損害額から差し引かれます。具体的な請求方法などについては、各保険会社や法律事務所などにおいて相談することができます。その他、個人の方で、残業代の請求不当解雇などの法律問題についてお困りの方も、弁護士に相談すると良いと思います。
PR
【2010/12/13 17:31 】 | 交通事故
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>